すっぴんでいたい人のためのスキンケアあきゅらいず

あきゅらいずの使い心地や正しい使い方について

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

スキンケアを実際行う際に最も気になる点といえば、やはり使い心地だという方は多いのではないでしょうか?
あきゅらいずのスキンケアの使い心地はどうなのでしょうか。

・あきゅらいずのスキンケアは使い心地も抜群?

まずは泡石の使い心地ですが、泡立てネットを使わなくてもしっかり泡が立つんだそうです。
洗い上がりもぬるぬるすることもなく、もちもちしててつっぱり感もないそうですよ。
優すくらぶの使い心地は、肌を傷つけそうなブツブツのスクラブが入っているわけでなく、粒子の細かい粒が入っているそうです。
スクラブが苦手だという方も苦手意識なく使えるようなスクラブなんだとか。
秀くりーむはベタつかず、さらっとしてふんわりといったような感じだそうで使い心地抜群なんだそうです。
自然でベタつかないのに保湿力はしっかりとあるそうですよ。

・あきゅらいずの正しい使い方はこちら!

こちらでは、あきゅらいずのシンプルなスキンケア3ステップを紹介します。
まずは洗顔前に手の汚れを手の甲までよく落としてから、清潔な手で泡石をぬるま湯にくぐらせ泡立てます。
ふんわり20回くらい転がすのがポイントだそうで、大きな気泡が出てきたら大匙1程度のお湯を足しながらもこもこと泡立てましょう。
角が立つくらいのつやつや泡ができたら、中指と薬指の腹でゆっくり泡を転がして洗いますが、このとき指先と肌は直接当たらないことと、外側に円を描くイメージで洗うことがポイントです。
すすぎはお湯を顔に押し当てるようにして洗い残しのないようにしましょう。
優すくらぶの使用前には顔を濡らし、1回分の量である中指1.5関節分を取ってのの字を書くようにお肌につけます。
優しく伸ばし終えたらハンドプレスし、30秒程で冷たい水で洗い流します。
タオルで優しく押し当てるように拭いたら秀クリームを使いますが、量はお肌の調子に合わせて調節しましょう。

成分も大切ですが、やはり使い心地が良くないと毎日継続して使うのもストレスが溜まりますよね。
使い心地の感じ方は個人差がありますが、あきゅらいずは全体的に問題ないようですね。

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

スポンサード リンク